[AWS] SESからメール送信確認

どうも、引っ越しを通じて色んなかたに支えられていることに気づいたざわです。
さて、今回はSESの設定〜簡単な送信まで。

メールアドレスの検証

マネジメントコンソールからSESのページを開きます。
サイドメニューから「Email Addresses」をクリック。

「Verify a New Email Address」をクリック

送信に使うメールアドレスを入力します

待機状態になりました。確認メールがくるので待ちます。

確認メールのURLをクリックすると検証完了となります。

メール送信してみる

まずは自分に送ってみる

「Send a Test Email」をクリックします

送信に使うメールアドレスと同じメールアドレスに送って見ましょう。

※それ以外のメールアドレスに送ろうとするとエラーになるかと思います。

他メールアドレスに送ってみる

そのままでは送れないので、制限解除を行います。
「Sending Statistics」から以下のリンクをクリックします。

こんな感じのイメージ。

1,2時間後に制限解除のメールがきて完了になります。
実際には上で指定した数値以上の制限を解除してくれました。ありがたいですmm

メールを送って見ましょう。正常に届くかと思います。

料金目安

公式

お客様の利用状況 お客様の支払い額 追加料金
EC2 でホストされているアプリケーションからメールを送信する 1 か月あたりに送信された最初の 62,000 通のメールについては 0 USD。それを超えて送信されたメールについては 1,000 通あたり 0.10 USD。 送信された添付ファイル 1 GB あたり 0.12 USD に加えて、EC2 または Elastic Beanstalk を使用する場合に発生する追加料金。

低コストですね。

おわり

名前の通りとてもシンプルです。
メール送信には他のノウハウとして、バウンス率、苦情率なども知っておく必要があるのでこのへんも目を通しておくと良いかもです。

サーバサイドエンジニア。オムライスが好物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする